関西電力
お知らせ

詳細

MOX燃料の再処理に関する一部報道について
2018/09/03

 一部報道機関において、MOX燃料の再処理に関する報道がされていますが、2016年10月に施行された再処理等拠出金法では、全ての使用済燃料について、関連事業のための費用を含め、発電時に原子力事業者に拠出させることとするとされており、現時点までに具体的な再処理の計画を有さない使用済燃料の再処理等費用を含む、全ての使用済燃料が拠出金の対象となっています。

 当社としては、2016年度以降、同法令に基づき適切に拠出を行っており、使用済MOX燃料の再処理を断念した事実はありません。

 エネルギー資源に乏しい我が国にとって、ウラン資源の有効活用、廃棄物の減容・有害度低減等の観点から、プルサーマルを含む原子燃料サイクルは極めて重要であると考えています。

以 上

[#]ページトップへ
お知らせTOP
[0]TOPへ戻る


(C)1995-2018 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO.,INC.All Rights Reserved.