関西電力
エルクールさかいこう


 2堺港発電所


堺港発電所
堺港発電所は堺・泉北臨海工業地帯に位置する、総出力200万kWの火力発電所です。
1964年に石油火力発電所として運転を開始し、その後1974年の天然ガスへの燃料転換を経て、2009年から2010年にかけてコンバインドサイクル発電方式への設備更新を遂げました。ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせるコンバインドサイクル発電方式の導入により、エネルギー効率と環境性に優れた発電所となりました。


◇従来の火力発電とコンバインドサイクル発電はどれくらい違うのでしょう?

エネルギー効率

二酸化炭素(CO2)排出量
ページトップへ
エルクールさかいこうTOP
PR館TOP
0TOPへ戻る

(C)1995-2018 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO.,INC.All Rights Reserved.